暴露していい?ネット上の評判に隠れたギークスジョブの実態がコレ

 

「フリーランスエージェントを探しているけど、ギークスジョブって良いエージェントか分からなくて不安・・・」

あなたもこんな悩みを持っていませんか?

僕も最初はフリーランスについて何も分からなくて不安だったので、その気持ちはよく分かります。

なので、ギークスジョブがどんなエージェントなのか実際に説明会を受けた僕の体験談をお伝えしますね。

この記事を読むことでギークスジョブに登録した時に見つかる案件、引かれる手数料、実際に話してみないと分からない名古屋・関西圏で案件を探してくれる営業の人がどんな性格なのか知ることができますよ!

 

説明会の面談スタッフは2人!


まず、僕はギークスジョブで説明会からフリーランスの情報を得る為、公式サイトから無料エントリーをしたんです。

 ⇒geechs job(ギークスジョブ)公式ページ

その後、受付担当の方から説明会について案内メールがきました。

そして、そのメールには「説明会を受けるに当たって、Skypeで連絡をとるか電話で連絡をとるかお選びください」との文字が!

僕は電話で十分だと思ったので電話連絡を希望したんですが、もしSkypeを選んでいたらビデオ通話(面談スタッフだけ見える)ということもあったかもしれませんね。

なので「電話だと電池が心配…」ということが無い限り、電話連絡を選択してもらって問題ありません

 

そして面談当日、予定時間にかかってきた電話に出ると、元気な女性スタッフの方(Oちゃんとしましょう)が対応してくれました。

どんなノリかというと、

「ダイブツさんて30歳なんですよね?私も同じ30歳なので嬉しいです~!」

という感じです。これだけでだいたい想像はつきますね?(笑)

今日の説明会はこの人が担当なんだな~と思っていた時にOちゃんが

 

Oちゃん「今日はもう1人担当スタッフがおりまして・・・」

 

なんですと?!Σ(゚Д゚)
2人で説明とかプレッシャーが・・・

 

そう言って紹介されてのが落ち着いた雰囲気の男性スタッフ(Mさんとしましょう)でした。

OちゃんとMさんで名古屋と関西地域を担当しているらしいです。

会話の雰囲気からすると、MさんはOちゃんの先輩で、まだ説明会に慣れていないOちゃんのサポート役をするといった立ち位置でした。

なので、そんなに2人から攻められるという場面は無いので安心してください。

そうしてギークスジョブでの説明会が始まりました。

この説明会で聞いた、6つの質問とその回答について、僕の目線で一緒に見ていきましょう。

 

質問1:ギークスジョブで案件は見つかるの?

この質問について、ギークスジョブさんの回答としては「見つかる」とのことでした。

僕が主に経験ある業種が組み込み案件では、自動車関係の案件が多いんですが、自動車関係以外でも工作機械だったり、IoT(Google Homeと家電を連携する通信)だったり、レーザー加工機といった案件があるという話を聞けました。

僕は家電関係の案件に興味があるので、IoT案件は面白そうだな~と感じますね。

 

質問2:実際に作業する会社から、自分に依頼がくるまでの流れ(商流)はどうなってるの?

ここで聞きたかった内容は、大元の仕事依頼企業から、自分に依頼がくるまでに何社経由しているのか?ということです。

例えば、作業をする会社から直接ギークスジョブを通して僕に仕事の依頼が来るときはこのようになりますね。

自分 ← ギークスジョブ ← 作業会社

 

ただ、A社を通して依頼がくるパターンとしてはこのようになります。

自分 ← ギークスジョブ ← A社 ← 作業会社

 

間に中継する会社が増えることで何が良くないのかというと、案件の契約金額が低くなる可能性があるんです。

A社の儲け分が引かれた金額になるということですね。

で、ギークスジョブさんに聞いた回答としては、「どちらのパターンもある」とのことでした。

大きい会社と取引をする場合、間に中継会社が入っていないと案件を受けることができないものが多いらしいです。

そんな制約があるのなら仕方ないのかもしれませんね・・・。

 

質問3:企業との面談時は、エージェントの方に同席してもらえるの?

1人で面談に行くとか心細いですからね~、エージェントの方に同席してもらえるか聞いてみたんです。

そしたら「面談に同席する」とのことだったんです・・・が!

さっき↑で話した、間にA社が入っている場合は、A社の人と一緒に面談に行くということになるそうなんです。

 

ほぼ関係を持っていないA社の人と一緒に面談に行くというのは少し不安が残りますよねー。

面談で味方になるか敵になるかも分からないのが怖すぎ((((;゚Д゚))))

なので、A社を間に挟むのは出来れば無い方向で考えていくつもりです。

 

質問4:案件の金額はどれくらいになるの?

この質問に対しては、税込みでの振り込み金額が50~60万円になるとのことでした。

で、このタイミングで「60万は実際の契約金額としていけますか?」と聞いてみたら、Oちゃんは「う~ん、え~、はい!60万いけます!頑張ります!」と宣言してくれました(笑)

ちょっと無理して言ってる感があって心配ですが、宣言してくれたのできっと大丈夫なんでしょう!
(決して無理して言わせたとかではないですからね!)

 

ちなみにここで余談として、地域毎の案件金額の違いについても教えてもらいました。

Oちゃんの話だと、フリーランスの案件金額は東京から西に行く程下がっていくそうなんです。

福岡<大阪<名古屋<東京

の順ですね。

 

これは意外でした。

名古屋より大阪の方が案件金額が高そうなイメージがあったんですけどねー、実際は名古屋の方が高くなるらしいです。

 

あと案件数に関してはやっぱり東京がめっちゃ多いみたいですね。

市場自体が大きいらしいです。

案件に困ったら東京へ行け!ってことですか!

 

また、大阪の方では家電製品に関する案件が沢山あると言っていました。

「例えば何ですか?」って聞いたら、「ホントに何でもありますよ。」と返されたぐらいw

僕が聞いたのはエアコン、洗濯機でしたがもっと沢山あるそうです。

 

質問5:将来の案件金額はどう変わってくるの?

この質問の回答に関してはエージェントさんによって変わることが多いですね。

僕がMさんから聞いた回答はこうでした。

 

Mさん「新しい所に行った時に今までより案件金額が上がるというより、契約中の企業で働いで半年とか1年たった時に案件金額が2、3万円上がるといったイメージです。

また案件金額の交渉をする際には、どんな実績を出せた等の交渉武器となる実績が必要になります。」

 

この回答からすると、ギークスジョブさんでは同じ企業での契約を長くして、そこで時々金額の交渉をするのが効果的みたいです。

経験業種の年数によって契約金額変わらないんですねー、そこは将来がちょっと心配になる所です。

やっぱり徐々にでも案件金額は高くしていきたいですもんねぇ。

 

質問6:手数料はどれだけ引かれるの?

企業との契約金額から引かれる手数料は10%前後とのことでした。

よくあるやーつ!

 

また、案件金額の振込日は締め日から翌月の25日らしいです。

会社員の給料振込時期と変わらずに済む!これは良いっすね!

 

月に1回スタッフさんが稼働状況についてサポートしてくれる!

最後の最後に僕が1番重要視するポイントを持ってきちゃいましたw

何でも、ギークスジョブさんでは、稼働中のエンジニアに対して月1回のフォローを入れてくれるそうなんです。

これは他のエージェントでは見られなかったサービスなので、ギークスジョブさんのメリットですね。

 

やっぱりどう考えても1人で仕事をしに行くのって不安じゃないですか?

そんな時に月1回でも相談できる体制があるっていうのは凄く大きいことだなと感じています。

まぁまだギークスジョブさんにお願いするかも決めていないんですけどね!w

 

僕が説明会で聞いた情報はこれで全部です。

エージェントさんによって持っている案件も違うので、どんな案件があるか、あなたも説明会で聞いてみると隠れた情報を聞き出せますよ!

⇒6社面談した僕がオススメするフリーランスエージェントTOP3は?

 

気軽にコメントどうぞ!100%返信します。

内容を確認してから、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。