【徹底解説】Progateとドットインストールはどっちが初心者向きか比較してみたよ

こんちゃっす、ダイブツです!

ネット上のプログラミング無料学習サイトって色々あって、どれを選んだらいいかなかなか分からないですよね。

そこで今回は有名なプログラミング学習サイト、Progateとドットインストールのどっちが未経験者向きなのか比較してみたいと思います。

 

学べる言語について

Progateとドットインストールでまず何が違うかっていうと、学べる言語の種類が違います。

Progateの方が対応している言語が少ないんですが、徐々に増やしていってるって感じですね。

2017年5月時点での言語の違いはこんな感じになってます。

 

Progateとドットインストールどちらでも学べる言語

Progateの対応言語(HTML & CSS、JavaScript、jQuery、Ruby、Ruby on Rails、PHP、Python、Java、Swift)

 

Progateだけで学べる言語

無し

 

ドットインストールだけで学べる言語

上のどちらでも学べる言語以外
(あえて挙げるなら、C、C#、C++、Android、Unity、Scala、Bootstrap、その他色々)

 

対応している言語の数で言えば、ドットインストールが大きく勝ってます

むしろ数が多すぎて整理しきれてない感じがすごいんですね。

何も知らない人がいきなりドットインストール始めようとしても、どこから始めていいのかよくわからん状態になると思います。

 

学習方法について

学習の仕方という点でも、Progateとドットインストールは全然違います。

ほんと全然!!

 

ドットインストールの学び方は、基本的に「3分ぐらいの動画を見る」たったこれだけです。

「え?それだけでプログラミングができるようになるの?」と思ったあなた。

そのとーり!
動画を見ただけでは全くプログラミングできるようになりません!!

だからドットインストールを使って学習する場合には、次の手順が必要になります。

 

1、ドットインストールの動画で内容を学ぶ
 ↓
2、対応言語に対応した開発環境を「自分で」準備する
 ↓
3、動画で学んだ内容を「自分で」実践してみる。
 動作が正しいかどうかも「自分で」確認する。

 

 

これがProgateだと、こんな手順で学ぶことになります。

 

1、スライドで学習する内容を学ぶ
 ↓
2、プログラムを入力するエディタが用意されているので、すぐに入力開始。
 ↓
3、入力した内容が合っているかどうか自動で判定

 

 

この学習方法の違いだけ見ても、学びやすさに違いがあるのが分かりますよね。

この違いを見ても分かるように、学習方法としてはProgateの方が断然学びやすいです。

 

学習できる範囲について

サイトが違うと学習できる範囲も違ってきます。

 

Progateはプログラミング未経験者を対象にしている学習サイトなので、基礎的な部分の学習が多いです。

ドットインストールもプログラミングを学習する人向けのサイトではあるんですが、コンテンツが多すぎる関係上、色んな難易度のコンテンツが用意されているんです。

図でそれぞれ学習できる範囲を書くとこんな感じですね。

 

ドットインストールで勉強しても、迷うことがないなら大丈夫かなーと思いますが、やっぱり分かりにくいなと僕は感じます。

なので、僕の意見としては、最初にProgateでプログラミングの世界を体感して、そこから次のステップでドットインストールに手を出す、という流れがいいですよ!

気軽にコメントどうぞ!100%返信します。

内容を確認してから、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。