現役プログラマーがジョブリシャス診断で適職をディグったら・・・

 

こんちゃっす、「ディグる」の意味がいまいちハッキリしないダイブツです!

今回はマイナビ転職さんが企画していたジョブリシャス診断というものが面白そうだったので、現役プログラマーとしてやってみました!

20個の問いにパッパッと答えていくだけなので、1分ぐらいで診断出来ましたよ。
地味にこんな感じのちょっとふざけたような絵が好きですw

興味が沸いたならやってみてください。一応期間限定らしいので、そのうち終了するっぽいです。

⇒ジョブリシャス診断

 

あ、ちなみに本当に「ディグる」の意味分からなかったのでググって見たら、検索結果の最初に出てきたのが「音楽をかける」って意味で、もうさらにわけわかんねぇっす!

 

なんなの?

転職する前に「適職」っていう曲を作って、その曲を流すの?

卒業ライブ的な感じ?

ジョブリシャス診断したら卒業ライブするの?

どういうことなん?!って不安になりながら受けた診断結果をご覧ください。

 

僕のジョブタイプはストイックな一匹狼!

20個の質問に答えて出てきた結果は、「ストイックな一匹狼」というものでした!

こ、れ、は、プログラマーに向いているのか・・・?

 

あ、で、でもやっぱりプログラマーっていう職業はとことん突き詰めていこうとする人の方が向いてるんですよ。

本当ですよ?診断結果がこう出てきたからとかじゃないです。

 

何で突き詰めるタイプの方が向いているかっていうと、プログラミングって大分細かい所まで気にしなきゃいけない作業なんですね。

1文字間違ってるだけで全く動かなくなったり、想定外の動きすることがあるんです。

 

だから、1文字1文字すら突き詰めていくようなストイックな性格の方がプログラミング作業においてミスが少なくなる傾向にありますね(ダイブツ調べ)

なんで、あなたもプログラマーを目指しているならストイックにいきましょw

 

で、僕の診断結果に出ていた、もう1つの「一匹狼」の部分なんですが、これは正直プログラマーには向いてないですね(笑)

プログラマーだったとしても、他の人達としっかりコミュニケーションはとれなきゃいけません!

1人で閉じこもってるなんてもっての他です!

この診断はそんなに気にしなくてもいいですけど、コミュニケーションはホントに大事にしましょ。
コミュニケーションをおそろかにして仕事のミスをしてた人を今までたくさん見てきました。ホント大事です。

 

あ、ちなみに僕の診断結果が「一匹狼」と出ましたが、仕事でコミュニケーションはちゃんととってますよ!

大丈夫です、そこは安心してください。

 

え?ダイブツだから奈良で一匹狼してるんじゃないですかって?

うっさいな、誰が奈良の大仏じゃ!

ストイックなのは同じ姿勢をずっと保ってることじゃありませんー。

頭のブツブツでタイピングはできないですー、キーボードに見える人がおかしいんですぅー。

 

ま、ジョブリシャス診断なんてこんなもんすよ!

診断結果を見て楽しむぐらいに考えておけばいーんです。

間違っても、この診断結果を鵜呑みにして、「自分はプログラマーに向いてないんだ・・・」みたいなことは考えないでくださいね!

気軽にコメントどうぞ!100%返信します。

内容を確認してから、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。