プログラマー専門用語一覧(随時更新)

ども!ダイブツです!

今回はプログラマーになる為に覚えておかなきゃいけない専門用語をまとめました。
突然必要な用語を思い付いたりするので、定期的に更新していきます。

 

「何から覚えていけばいいのか分からない!」
てのを避ける為、用語と一緒に重要度も書いてますよ。
それぞれの重要度はこんな感じ。

「重要度」
A:絶対覚えときや!
B:まぁまぁ使うんちゃうん?
C:もしかしたら使わんかも…

まず重要度Aのものから確実に覚えていきましょ!

 

プログラム記述以外の用語

開発環境[B]

プログラミングをしたり、プログラムを実行できる環境。

Grep(グレップ)[A]

沢山の手持ちプログラムの中から、目的の文字列を見付けること。
「どこでこの処理やってるんだ?」とか思ったときにめっちゃ使う。

差分表示ツール[B]

元々のプログラムに対して、自分が修正した箇所のみがわかるように表示するツール。
第三者に変更内容を確認してもらいたい時によく使います。

システムエンジニア(SE)[C]

プログラマーがプログラミングを行なう為に、元となる設計を行なう人のこと。

デバッグ[A]

作成したプログラムに不具合がないか確認する作業のこと。

デプロイ[A]

Webアプリケーション関連用語。
作成したアプリケーションをサーバにアップロードし、一般に利用できる状態にするもの。

バグ[A]

プログラム中に存在している不具合のこと。
バグるとか動詞のようによく使います。

バックエンド[B]

アプリケーション使用者が目に見えない処理部分のこと。

ブラックボックステスト[A]

テスト手法の1つ。
プログラムの仕様毎にテストを行なっていくテスト手法。

プログラマー(PG)[A]

与えられた仕様を元にプログラミングを行なう人のこと。

フロントエンド[B]

アプリケーション使用者が目に見える処理部分のこと。

ホワイトボックステスト[A]

テスト手法の1つ。
プログラムの1処理毎にテストを行なっていくテスト手法。

マークアップ言語[C]

構造だけを書いて実際に処理を行わないような言語。
とりあえずHTMLはマークアップ言語と覚えておけば問題無し。

ログ[A]

プログラム実行中の動作情報等を、後からでも見れるようにしてあるもの。

ローカル[A]

自分が作業しているPCのこと。

 

プログラム記述に関する用語

イベント[B]

ある処理中に割り込んで、別の処理を実行すること。

関数[A]

ある程度の処理をまとめて分けられたプログラム郡。
ファンクションとか呼ばれたりもする。

コメント[A]

記述したプログラムの説明のこと。
プログラムの処理には全く影響しない。

コーディング[A]

プログラムを記述すること。

スコープ[B]

変数が値を保持できる範囲。

タイマー[B]

待ち時間を管理できるもの。

定数[A]

ある特定の値を示すもの。代入不可。

引数[A]

関数に引き渡す値のこと。

変数[A]

数値を格納するもの。

乱数[C]

定められた範囲の中で、ランダムに数値を返すもの。

API[A]

他の人から提供される関数みたいなもの。

if [A]

プログラム記述時に、条件によって処理を分けるときに使用するもの。

for [A]

プログラム記述時に、繰り返し処理を行なうときに使用するもの。
forはwhileと比べて、変数の初期化処理等をまとめて記述できる。

switch [A]

プログラム記述時に、条件によって処理を分けるときに使用するもの。
大量に条件がある時に使用すると、プログラムが読みやすくなる。

while [A]

プログラム記述時に、繰り返し処理を行なうときに使用するもの。

 

画面表示に関する用語

ダイアログ[A]

画面上に表示させるウィンドウ。

テキストボックス[B]

テキストを入力する枠。

ラジオボタン[C]

複数の項目から1つだけを選択するボタン。
↓こんなやつ
🔘

チェックボックス[C]

複数の項目から好きなだけ選択するボタン。